そのやま

  • お料理
  • お知らせ
  • 店主の想い
  • お問合せ

お料理

「人を良くすると書く食」と「楽天人生」をテーマに、日本全国からの元気食材をより美味しくパワーアップさせ、より体も喜ぶような10品位のコース仕立て(基本コース7500円〜。税別)にてご提供しております。
また、お米は、出雲の恩恵を受けた当店オリジナルの「そのや米」を使用しておりますが、やおよろずの試作の末に完成した渾身米です。 

<そのや米>
生産者の熱意と努力により手間隙を惜しまず栽培し、特別栽培米のみで構成したもので、五ツ星お米マイスター山下治男氏と作り上げた『そのやま』園山真希絵オリジナル米です。

<飯出愛米>
島根県飯南のハーブ農法で育てたキヌムスメとコシヒカリ、知る人ぞ知る出雲の佐田産コシヒカリ、園山真希絵の人生をプラスに変えた恩人食材とも言うべき大豆を肥料として用い栽培した仁多(奥出雲)コシヒカリを黄金比率で幸併せ、旨みと栄養分を残し、食べ易くヌカ層を取り除く熟練の高度技術な精米を施した美米です。また、水をたくさん吸収する製法を施しているため、一般的な精米よりも炊き増えするので、正味量が少なくてすみ、その分カロリーカットになります。

<厳源元米>
人間の根源は、人を良くすると書く食にあり。だから、日本の厳選ソウルフードを美味しく食べて、より元気体になってもらえたらという想いで完成したオリジナル玄米です。飯出愛米のキヌムスメ・佐田コシヒカリ・大豆肥料の仁多コシヒカリに、しっとり感の素晴らしい石見銀山のつや姫を加えた厳選米を使い、やおよろずの試作の末辿りつきました。まさに、元気の源になる体想い米です。 ※元米に関しましては、浸水性と咀嚼感を考慮し、薄皮のみをとる超1分づきにしております。玄米感を感じて頂き、栄養と炊きやすさを重要に思ってのことです。玄米の極めたブレンドの真髄と、圧力を最小限に絞り更薄皮を取ったのは、一般の玄米との差別化が出来ると思います。

その他のお料理も、真心こめて誠心誠意お作りしておりますので、アレルギーやお苦手な食材、リクエストがございましたら、お気軽にお申し付け下さいませ。可能な限りご対応させて頂きます。 皆様との美味しいご縁が結ばれますことを心より願っております。

  • お料理
  • お知らせ
  • 店主の想い
  • お問合せ

お知らせ

「楽天人生」「食は“人を良く”すると書く」「美味しいご縁結び」「背中に感謝」を大きなテーマに、孤高の料理、そして、オンリーワンの世界観を作り上げるべく、
皆様のおかげで、なんとか2017年3月3日に2周年をむかえました。

また、「最後の晩餐は大切な家族と家で。その前日は外食。
そんな最後から二番目の晩餐に大切な方と来てもらえるようなお店」をコンセプトに、 より沢山の方に、出雲のご縁感じる古代と未来の美味しいご縁結び料理を楽しんで頂けたらと思っております。

そして、これからも、「美味しいね。来て良かったね。また食べに行きたいね」と素直に感じて頂き、 「ありがとう」と笑顔が飛び交うことを切に願いながら、心の琴線に響くお店になれるよう精進して
まいりますので、どうか今後とも宜しくお願い致します。

  • お料理
  • お知らせ
  • 店主の想い
  • お問合せ

店主の想い

  • 私は、自分はもちろん、お店の存在意義を考えて生きてます。何のために存在しているのか、何のためにお店をやっているのか。
    そこで、改めて私達『そのやま』が存在する意味を考えてみました。「食」は「人を良くする」と書くと気づき、以来、「食」を見直したことをきっかけに、元々今70kgあった体重も、食べながら30㎏のダイエットに成功し、ひどかったニキビとアトピーも改善し、精神的にもずたずただった自分自身が、体質も含め、プラスに生まれ変わったことから、食の世界に身をおく今があります。

    そんな私を救ってくれた「食」で、恩返したい。貢献したいという想いが常に体中をめぐってます。それが、私の使命でもあります。その恩返しと貢献の一環がお店です。たとえその日嫌なことがあっても、一日の最後は気持ちよく楽しく終えて、また明日も頑張ろうという活力になるような一日の最後の晩餐になっていいなあと。

    ただ、色んな事情と考えから、飲食店をはじめた10年前から、ずっと紹介制というシステムをとっております。そのため、なかなか来て頂けないお客様も多く、そこがジレンマでもありますが、紹介制にしているからこそ、信頼と信用が大切であるゆえ、そこは今のところ変えるつもりはありません。
    しかし、どんな毎日がこようが、自分軸をぶらさず、小さくても大きな存在意義のあるお店であり、自分でありたいと真に思います。 そして、ありがとうをたくさん言い、ありがとうをたくさん言われる存在になり、100年先も、『そのやま』に出逢えて良かったと思って頂けるのが夢の一つです。

    長くなりましたが、皆様にお目にかかれます日を心より楽しみにしております。

    『そのやま』店主 園山真希絵


  • お料理
  • お知らせ
  • 店主の想い
  • お問合せ